涙袋の作りかた

涙袋の作り方

涙袋はどうやって作る?

 

メイクで作る

涙袋を作るのでまず思いつくのがメイクで作る涙袋。これはカンタンにできますが、人によっては不自然になったりメイクを落とした時は涙袋もなくなってしまうので応急処置として考えたほうがいいでしょう。
参考商品・アイメイジング

 

マッサージで作る

次はマッサージで作る方法です。すっぴんでも涙袋を作ることができるのでメイクと一緒に行う方が多いですね。ただ定着するには個人差がありますが少し時間がかかるようです。涙袋美容液をちゃんと使いましょう。
参考商品・アイメイジング

 

5年ぐらい前ぐらいからでしょうか。
韓国の女の子たちから始まってとされる涙袋メイクが浸透してきています。
涙袋ってあるだけで、女の子らしく目を大きく見せてくれる効果がありますよね。
それに、涙袋はホルモンが入っている袋という説もあります。

 

一般的に、目が大きい人は涙袋がある、といわれていますが、私は目が大きいのに涙袋はありません。
ですのでいつもメイクで涙袋を作っています。方法は簡単です。下まぶたに合わせて白のアイシャードー(ハイライトでも可)を入れたい部分に塗るだけです。

 

白いアイシャドーを目の下に塗ることによって、白が光に反射され、瞳も輝くような効果も持っています。簡単にできるので、大雑把な人にもすぐできますね。
涙袋がすでにあるという人でも下まぶたにシャドーを入れることで、とても引き立ちます。
小顔効果もあるので、女子力アップしたい方は試してみてください。日本では、最近話題になってきた涙袋メイクですが、韓国ではもっと前から話題になっていました。

 

韓国の女の子は自然に見えるようにメイクするのが上手なので涙袋も自然に作れると良いですね。

 

日本では涙袋専用のメイク道具も発売され、芸能人でも涙袋を意識している方がたくさんいらっしゃるので、涙袋の需要はこれからも高まると感じます。
皆さんも涙袋を作ってみてナチュラル美人を目指しましょう。