涙袋を作るマッサージのやりかた

涙袋を作ろう

涙袋マッサージのやりかた

 

 

今回はとってもカンタンな涙袋マッサージを紹介します!

 

まず目の下側の骨を指にあてて、上に優しく押し上げてください。
人差し指と中指をあてて、目の下がぷくっとなったところで2〜3秒待って指を離します。
これを目頭から目尻までまんべんなく繰り返し行ってください。
毎日寝る前にこまめに行うと目の下に段々とクセがついてきて、ふっくらと涙袋が現れ始めます。
マッサージ後にワセリンを下まぶたに塗ると、保湿効果でよりふっくらしてきます。
ただしやりすぎは禁物。力が強すぎると涙袋どころかシワになってしまいます。

 

マッサージよりも簡単な涙袋育成法って?


ぷっくりした涙袋を簡単に手に入れることが出来たらいいな、って思ったことありませんか?
マッサージで作るのもメイクで作るのも毎日のことでちょっと大変・・・。
そこでオススメなのが涙袋美容液なんです!
涙袋専用に作られた涙袋美容液は涙袋を作るのに最適!塗るだけで張りがある涙袋を育成する手助けをしてくれるんです。

 

そんな涙袋美容液の中でもオススメなのが「アイメイジングの涙袋美容液」
涙袋を作るのに最適な美容成分がたっぷりはいってるだけじゃなく、つけまつげやアイプチで酷使された目元にも効果あるエイジングケア成分「水溶性コラーゲン」も配合されています。
お値段が安いのに高品質なのがすごい!モデルさんに人気なのも頷ける、文句なしの涙袋てっぱん商品ですよ!

⇒アイメイジング涙袋美容液の詳細はコチラ!

 

 

涙袋をパックで保湿しながら作る方法もあります。これもとってもオススメです。

 

簡単お手軽な涙袋マッサージ、ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

 

 

涙袋ってどんなもの?

 

目の下の、下まぶたに沿ったふくらみのことを涙袋といい、ホルモンが詰まってできていることから別名ホルモンタンクとも呼ばれます。

涙袋の大きさは脂肪の量で決まり、一般的に目の大きい人や頬骨があまり張っていない人ほど
大きい涙袋を持っていると言われています。
涙袋があると、目が大きく、優しく可愛らしく見えますし、
色っぽく大人な印象を人に与えることができるので、
可愛くなりたい女性にとって憧れのアイテムとして注目されています。

 

涙袋の有無は遺伝的なものに拠るところが大きいので、
先天的に誰もが持っているわけではありません。

 

そこで涙袋メイクや整形が注目されているのですが、
「すっぴんでも涙袋が欲しい!」

 

そんな女性の願いを叶えるのが涙袋マッサージです。